ひたすらに、美味しいいちご作りを目指しています

2017-07-16

日光へ


先日、当園の実習生達と共に日光へ旅行に行って参りました。彼らが居てくれるおかげで、今年も美味しいいちごが作れそうです。
素晴らしい実習生達と一緒に仕事が出来る事に、感謝感謝です。








2017-04-20

アントシアニンと糖度の関係


今の時期としては、驚異的な糖度のいちごです。
概して、当園では白っぽいいちごの方が甘さが際立っています。
その分、若干柔らかいですが。
アントシアニン(いちごの赤い色素)の量と、糖度はどの様な関係になっているのでしょうか。おそらく糖度が一定値以上(20度付近)になると、逆比例するような気がします。


                      先端部の糖度

2016-12-07

初収穫

本日、今シーズン初収穫となりました。まだまだ形は不揃いですが、徐々に整ってくると思います。収穫量が少ないためまだ直売はできませんが、可能になり次第、ご連絡いたします。

                       
                          先端部糖度
今年は昨シーズンよりいい感じです。

2016-10-18

マルチング

外張りビニール張りが終わり、ただ今マルチング作業中です。今年はタンソ病、イオウ病が多く、定植後にだいぶやられました。
日照不足も原因にあると思われます。
この後は炭酸ガス発生装置の設置や内張りビニール張り、葉かき作業等、収穫までに盛り沢山の内容で頑張って参ります。


2016-09-17

夜盗虫対策

定植作業も終盤に差し掛かりました。
定植した苗に夜盗虫(主に夜に活動し、葉や花芽を喰い荒すガの幼虫です)がつくのを最小限に抑えるように、フェロモントラップを仕掛けました。
周りに蓮田が多く、成虫が多量に飛来してきますので事前対策必須です。

2016-07-20

太陽熱消毒

昨年と比較するとだいぶ遅れてしまいましたが、ようやく太陽熱消毒の準備がほぼ整いました。
梅雨明け前に、区切りがつけられて良かったです。


2016-06-15

残渣処理

シーズンが終了したとちおとめを、本圃から取り出す作業を行っています。
病害虫駆除のため、予めハウスを蒸し混んで枯らします。
その後、一本一本のこぎり鎌で根元から刈り取ります。
刈り取った苗は燃やして灰にし、来シーズンの肥料として有効活用します。
残渣処理の後は、太陽熱消毒、並行して夏いちご収穫と来シーズンの苗の管理などなど、毎日盛り沢山の内容です。

    刈り取ったとちおとめ